FC2ブログ

インク一滴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

視覚を奪われて見えるもの。

お風呂から上がり、ベッドに滑り込むと、
上から覆いかぶさってペニスを口にねじ込まれたあと、アイマスクを着けられた。

その時には目を閉じている事が多いので、見えない事に変わりはない。
彼が意図的に私の視覚を奪う事。
その行為が持つ意味に欲情する。

頬を両手で包まれてキスされると、それだけで潤ってくる。
大きな手のひらと少し厚めの唇。
触覚とにおいで大好きなそそれらの形を思い浮かべながら、舌を絡める。

先日のデートでは、予想外の体調不良により、
彼の口唇での愛撫を少しだけにとどめてもらった。
妙な味がしてはいけないと思ったからだが、
翌朝も彼は口唇で攻めようとした。
まだ、万全ではなく、朝は拒否してしまった。

それはお互いに小さな不満となっていたようで、
体調が万全となって、存分に口唇で愛撫されてしまった。
彼の唇と舌の感触と温度が
私をどこかへ連れてこうと執拗に攻め立てる。
液体が溢れ出てくる。
突起が膨らんでくる。。。

四つ這いにさせて、後ろからも、たっぷり舐める。
小さく痙攣したところで、堅く大きなものがあてがわれる。
ただし、先端だけ。。
たまらず腰を後ろにスライドさせようとすると、押し戻される。
何度か試みるがことごとく、押し戻される。
目の前に人参をぶら下げられた馬状態?
と思っていると一気に奥まで突かれる。。。
自分でも驚くほどの声が出てしまう。
奥まで彼を包み込む心地よさ、深く繋がる一体感、
激しく求められる喜び。。。
彼の両手は私の腰を掴んだり、肩を持ったり、
胸をつついたり、背中をなぞる。
背中や頬に触れる柔らかい髪の感触が優しい。
紅潮した頬をもち後ろを向かせて、
口づけをくれる。
とろける様な顔で私は夢中で舌を絡める。
うめく様な声をあげながら。


視覚を奪われて後ろから突かれている私を、
その一部始終を、もう1人の自分が見つめている。












俯瞰 |

画像と思い出。



けやき坂の横断歩道で東京タワーとイルミネーションを画像に収める。

随分昔、携帯電話もなかった頃、函館の坂の上から海に沈んで行く太陽を見た。
しばしば函館山に登り、明け方の街を見下ろした。
写真なんか撮らなくても、頭の中にその光景を焼き付ければいいと、
その時は思っていたのでけれど、今となっては思い出せない。

見えるものが全てではないし、その時の感情やら状況が
恐らく今の私を形作っている。

あとからキラキラした画像をそっと取り出して、
その時のキラキラした気持を思い出す。
秘密の飴をそっと舐めるように。

記憶は薄れてしまうとわかったから、
それを呼び起こす手がかりとして保険をかける。




デート |

静謐と熱情。


予定外の仕事が入り、少し残業することになってしまった。
大急ぎで身支度をしてタクシーに飛び乗る。

少し雪の降る中、車は走り、
開演時間の少し前にホールに到着できた。

巨匠と呼ばれるチェリスト。
美しい娘さんがピアノ伴奏。

無伴奏の美しい静謐。
そのあとのピアノが邪魔と感じてしまうほど。
でも、ふたりで目を合わせてカウントを取る様子は微笑ましく、親子の愛情も感じる。
くるくるとウェーブのかかった長い髪をかきあげるのも、共通の仕草だ。

チェロにこぼれ落ちる汗を何度も拭き、
舞台袖に引く度に着替えて登場する。
力強く、余力を残す様な演奏ではなかったと思うのだが、
アンコールには実に5回も応えた。

始まりの一音で心を震わされ、鷲掴みにされてしまった幸せな夜だった。








音楽 |

言葉と行為。


浴室が肌寒いので、バスローブでくるまれてベッドに連れて行かれた。
いつもは浴室のマットの上に横たえられるのだが。

タオルで丁寧に水滴を拭いてくれる。
子供にするような行為で、彼の愛情深さを感じる。

彼が仰向けに横たわり、私は上から彼の頭を抱く。
頬ずりとキス。
愛おしい気持ちを伝えたいから?
言葉にはできないから?
そうかもしれないけれど、実際にはしたい事をしているだけだ。


行為は言葉にするよりも深く思いが伝わる様な気がする。
バスローブでふんわりとくるんでくれたり、
水滴を丁寧にとってくれたり、
それだけで、私は殆ど泣きそうなのだ。

後ろから、背中に頬ずりして、皮膚の感触を楽しみ、
形状を記憶しようとするように、丸みやくぼみをなんどもなぞる。
それに呼応するように熱くなったり湿潤してきたりする、
皮膚と粘膜の雄弁さを知る。

言葉がなくても私を上にしたり下にしたりできる。
その表情だけで、十分に感じている事がわかる。

言葉が理性の象徴ならば、理性を取り払って
根源的な交わりができたと言えるのかもしれない。










想い |

唇の記憶。


シャツのボタンをはずされる。
その素早さに驚く間もなく肩からするりと落とされて、
あらわになった首筋、肩に口づける。


彼にも衣服を脱いでもらい、胸に頬を押しつける。
素肌の温かな感触に安心しつつ、殆ど無臭な皮膚の匂いに欲情する。
唇で乳首の存在を確認し、湿度を与え、指でもまさぐる。

ショーツを脱がせて股間に頬ずり、キス。
愛おしい気持を込めて手と口でねっとりと愛撫する。
彼の手が頭に添えられるのが嬉しい。
遠慮がちにそっと頭に置くだけの手に、
もっと力を込めて欲しいと思うことがある。
本能のおもむくままに激しく動かして欲しいと。

しばらくすると、抱き上げてキスしてくれる。
唾液が混ざり合うのが気持良くて嬉しい。

ひと月振りの感触を、自分の皮膚や粘膜がきちんと記憶していて、
反応してしまう。
求め合っている事を感じられる、そのことも嬉しい。








デート |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。