FC2ブログ

インク一滴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一期一会



大きなグラスに注がれる透明なハチミツ色の液体。

立ちのぼる香り。
パイナップル、ジャスミン。。。バタースカッチ。
少しオイリーな意外なものが現れる。

その1本の来し方を思う。
私は行った事も無いフランスのどこか。
同じ樽からボトリングされたものは沢山あるのだろうけれど、
この1本が、縁あって家に来てくれた。

縁と言う、偶然の積み重ねは必然かもしれない。
巡り会えたというと、大げさに聞こえるかもしれないが、
何故かしら素直にそう思えた。

あるものやある人と出会う事は、奇跡のようなこと。
大切にしたいと思う。

空になった瓶の中をのぞいて、もういちど
瓶の口から大きく息を吸い込む。
巡り会えたその香りをより明確に記憶に留めるために。








スポンサーサイト
[PR]

[PR]


ワイン | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<坂を登る。 | ホーム | 間接的なこと。>>

コメント

男と女もそういうものでしょうか!?


素敵な香りとまだ見ぬ異国とを繋げてくれる


でも…ふと気がつくと「lapislazuliさん!一本空けてたんですか\(◎o◎)/」

そんなに飲めない私としては…羨ましいです
2011-11-01 Tue 22:31 | URL | あみ [ 編集 ]
『生涯独身でいる』という私の思いを変えたのは妻との出会いでしたし、旧Blogにも書きましたように、私にとって妻はかけがえのない特別な女性でした。

妻と出会えたことは私の人生にとって大きな転機でしたし、文字どおり“運命”だったのだと思います。


妻が他界してから半年後に理緒さんのご主人が亡くなられたことも、最終的に二人が結ばれたことも、不思議なめぐり合わせだと思います。


でも、めぐり合う機会を活かす行動がなかったら、もちろん、妻と結婚することもなかったし、理緒さんと結ばれることもなかったと実感しています。

“一期一会”、大切にしたいものです。

2011-11-02 Wed 12:51 | URL | Brenneckes [ 編集 ]
そうなのです。
人との出会いも、大切にしたいと思うのです。

あ!いきなり1本は今ではもう無理なので、
3日がかりで1本のペースです(^^;;

2011-11-02 Wed 19:24 | URL | lapislazuli [ 編集 ]

そうですね。
運命を感じても、それを形にするには勇気と行動が必要ですよね。
それを選びとって決断する瞬間があり、私の場合は言葉は悪いのですが
彼と「共犯者」になりました。
2人の間で完結しなければならない関係でも、大切にしたい関係なのです。
2011-11-02 Wed 19:32 | URL | lapislazuli [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。