FC2ブログ

インク一滴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まだ目覚めていない。



遮光カーテンに閉ざされて、光の入らない朝。
何時なのかもわからないまま、目覚めたらすでに彼は私を攻め始めていた。。。

夕べの続きのように、終わりのない行為。
飽きもせず、私を求めてくれる。
彼の舌、唇、指先。。。
彼にとっては小さい私の体を裏返したり、上下入れ替えたりしながら、
お互いしゃぶったりしゃぶられたりして求め合う。
69のスタイルで舐め合った流れで、後ろ向きの騎乗位を促された。
前に進んで後ろ手で彼のペニスを導きながら腰をゆっくり沈める。
前後に、回すように、腰を動かす。
深い所まで彼を感じる。
彼の手はわたしのお尻に添えられて、腰は時々下から突いてくれる。
それが思いがけない感覚を生じさせて、声を上げてしまう。

後ろからも沢山突かれる。
突き上げながら、手を前に持って来て、ローターをクリトリスに当てる。
そんなことされたら、イってしまう。。。

体を震わせてしばらくすると、彼は横たわる。
彼の片足を跨いで、いきり立つものを含む。
手でも刺激しながら、口の中で一段大きくなるのを感じる。
もうすぐ。。。
と思っていると、抱き上げられてキスされる。
というのを何度か繰り返し、「どうして?」と尋ねると、
「出ちゃいそう」と彼。
「いいのに」と答えてペニスを含む。
びくんびくんと脈打ちながら、たくさん放出してくれる。。。
うっとりとしながら、彼を飲み込む。。。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]


デート |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。