FC2ブログ

インク一滴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひとりピノ。


数日前の昼酒デートの帰り、散歩中に立ち寄ったワインショップ。
彼がしばしば利用するショップだ。
そこで彼が選んでくれたピノノワールを1本、おみやげに持たせてくれた。
「日本酒、もう抜けちゃったから、家でワインを飲みなさい」
というわけだ。

さすがに日本酒後ワインは無理で、ひとりピノは数日後に持ちこされた。

彼が選んでくれたピノは弾ける様なフルーティなものではなくて、
少しスモーキーで中国茶の様な香り、バニラの香りを持った
しっとりと落ち着いた印象のものだった。

開ける前からワクワクしていて、
グラスに注ぎ、薄目できれいな色を楽しみ、
香りをかいでばかりでなかなか味わう事ができない。

一緒に味わっている感じ、とも違う。

思いを手渡されて、少し寝かせて、
後からそっと取り出してなぞるような感じ?

嬉しくて切ない。
一緒にいられなくても繋がっている。
彼を感じる。


で、結局はひとりでぐいぐい飲むのだけれど。







スポンサーサイト
[PR]

ワイン |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。