FC2ブログ

インク一滴

小さい玩具


狭いマットスペースに私はよつ這いになり、後ろから攻められていた。
ローションをとろとろに塗りたくられて、舌をこじ入れられ、
ぶるぶる振動する道具をあてがわれ、
道具のひとつのように間欠的にペニスを挿入された。
振動に子宮が震え、左脚がマットから落ちそうになっていた。
ふと、彼の手が私の踵をそっと持ち、マットにちょこんとのせた。
背後からの気配でしかないのに、
それはまるで小さな玩具を愛おしむ様な仕草に思えた。









スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
想い |
| ホーム |次のページ>>