FC2ブログ

インク一滴

春の香り。



3月も終わりというのに、また雪が降る。
暖かくなって雪が融けて、春に近づいていても、
また冬に戻りそうな寒さと雪景色。
行きつ戻りつで、焦れる季節だ。


その日は「肉とアスパラ!」がテーマのデートだった。
あまり混んでいない木曜日のビストロ。
喫煙席からは遠く離れた窓際の席。
早めに到着したつもりだったが、彼はもうそこに腰かけて、
注文するものをおおかた決めていた。

アスパラ、野菜のテリーヌ、網焼き自家製ベーコン、
グリーンサラダ、子羊のロティ。
飲み過ぎないように、グラスワイン。

自家製カンパーニュに発酵バター。
粉の香りとバターの酸味。
バターの美味しさに驚く。

野菜が多めのメニュウに合わせた爽やかなソーヴィニヨンブラン。
さっぱりしていて進んでしまい、
「無くならないか心配しながら飲むのが嫌になって、」
ボトルワインをオーダーしてしまう。
羊に合わせて、強めだけれども香りのよいグルナッシュ。
濃いめの赤は普段はあまり飲まない方だと思うが、美味しい。
なんでも先入観なく口にしてみないと。

野菜のテリーヌに添えられたふきのとうやぜんまい。
粒マスタードは魚卵と見まがうような大粒。
ぷちぷちとした辛さ。
山菜のほろ苦み。
タップナードの香り。。。

パルミジャーノをまとったベビーリーフ。
鮮やかなグリーンが生成り色に淡く霞む。

茹でたてのアスパラはブルターニュからやってきたらしい。
しっとりとブイヨンを含んでジューシーでほろ苦い。
自家製マヨネーズも卵の香りでまろやかだ。

他愛のないおしゃべり。
子羊の大きさはどのくらいか?
こんなに大っきくて食べきれないんじゃないか。
お持ち帰りしていいですか?
(お店のお姉さん苦笑)

ずっとニヤニヤしながら杯を傾け、
フォークを動かす。
向の顔を見つめながら。

春の香りを一緒に感じる事ができる喜びを噛みしめる。
そうしていると、昨年の今頃のあるランチの場面を思い出す。
菜の花と小えびのパスタ。
グリーンとピンクが優しい春色で、とても印象的だった。
傍らのシャンパーニュの泡の儚いきらめきと。


春がくる度に思い出すんだろうと思う。
ふたりきりのテーブルの幸せな空間を。







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デート |
| ホーム |次のページ>>