FC2ブログ

インク一滴

視覚を奪われて見えるもの。

お風呂から上がり、ベッドに滑り込むと、
上から覆いかぶさってペニスを口にねじ込まれたあと、アイマスクを着けられた。

その時には目を閉じている事が多いので、見えない事に変わりはない。
彼が意図的に私の視覚を奪う事。
その行為が持つ意味に欲情する。

頬を両手で包まれてキスされると、それだけで潤ってくる。
大きな手のひらと少し厚めの唇。
触覚とにおいで大好きなそそれらの形を思い浮かべながら、舌を絡める。

先日のデートでは、予想外の体調不良により、
彼の口唇での愛撫を少しだけにとどめてもらった。
妙な味がしてはいけないと思ったからだが、
翌朝も彼は口唇で攻めようとした。
まだ、万全ではなく、朝は拒否してしまった。

それはお互いに小さな不満となっていたようで、
体調が万全となって、存分に口唇で愛撫されてしまった。
彼の唇と舌の感触と温度が
私をどこかへ連れてこうと執拗に攻め立てる。
液体が溢れ出てくる。
突起が膨らんでくる。。。

四つ這いにさせて、後ろからも、たっぷり舐める。
小さく痙攣したところで、堅く大きなものがあてがわれる。
ただし、先端だけ。。
たまらず腰を後ろにスライドさせようとすると、押し戻される。
何度か試みるがことごとく、押し戻される。
目の前に人参をぶら下げられた馬状態?
と思っていると一気に奥まで突かれる。。。
自分でも驚くほどの声が出てしまう。
奥まで彼を包み込む心地よさ、深く繋がる一体感、
激しく求められる喜び。。。
彼の両手は私の腰を掴んだり、肩を持ったり、
胸をつついたり、背中をなぞる。
背中や頬に触れる柔らかい髪の感触が優しい。
紅潮した頬をもち後ろを向かせて、
口づけをくれる。
とろける様な顔で私は夢中で舌を絡める。
うめく様な声をあげながら。


視覚を奪われて後ろから突かれている私を、
その一部始終を、もう1人の自分が見つめている。












スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
俯瞰 |

愛情と敬意。

終わらない関係などない。
始まったばかりの時でさえそんなことを考える、
どこか醒めているところが自分にはある。

同じものを食べてると飽きるとは、よく言われる浮気の言い訳だが、
自分はなぜか全然飽きる気配がない。


好きとか愛してるとかいう言葉にはしないけれど、
お互いに感じる温かな感情。

ある場面での不特定多数に向けられた彼の発言に登場した
「愛情と敬意」

まさにそれなのだ。
だから私はあんなことやこんなことができるし、
彼もまたそうであろうと思う。

きれいごとかもしれないが、
お互いがその気持でつながっていることが確信できるから、
形式的なことは必要ないと思える。

過不足の無いシンプルな関係をとても心地よく感じる。








俯瞰 |
| ホーム |