FC2ブログ

インク一滴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

山に登る。


近所の公園は山の麓にあって、原生林を残した標高220メートルほどの軽い山に登る事ができる。
山の入口にはお地蔵様がいくつも並んでいて、そこを通っていいものか、雰囲気に負けてしまい、
登山はずっと実行できずにいた。

いつかの春先に彼に誘われて山歩きをしたことがあった。
街なかの喧噪から離れた手つかずの自然をたいそう喜んでいた私だった。
そのことを彼は覚えていてくれたのか、その山に登る事を強く勧めてくれた。

彼は仕事前や休日、早朝に朝飯前に登ってしまうらしい。
何度も勧められたが、あまり気が乗らない私に、リス情報が届いた。
毎回リスに遭遇し、登山人からなにかもらったりもするらしい。

。。。リスに逢いに行こう。

休日の朝。
5時前に目覚め、リュックを背負い、ブーツをはいて出発する。
公園まで15分ほど歩く。
山の入口に到達する前に、木を昇降するリスを見かけた。

お地蔵様の前を通り、登り始める。
山頂までに88体のお地蔵様が配置されているようだ。

登りはけっこう息があがる。
ゆっくり登り、途中で下界を見渡しながら水分補給する。

三匹組みのリスが下山の方からクルミをもらっている。
茶色くてがっちりしたいい体をしている。
彼らが木に登るカサカサという音がしばしば聞こえる。
あとは鳥の鳴き声。

静かで、いかに下界が無粋な音で充満しているかを感じる。

一匹で、正面からこちらへ向かってくるリスがいた。
クルミを手渡すと、両手を添えながら口で受け取り、
その場でカリカリ食べ始めた。
野生動物に餌付け。
正しい行為なのか否かはわからない。

結構汗だくでなんとか山頂へ。
曇り空だが市街が一望できる。

朝飯前の小さな山だけれど、リスにも出会えて
クルミを喜んでもらえて、この充実感。
クセになりそうだ。








スポンサーサイト
[PR]

日々のこと。 |

桜の季節に。


ロゼワインは正直あまり口にしない。
よくわからないというのもあるけれども、なんとなく中途半端な感じが否めなくて。
宴会の時に酔ってしまった人が、片手に赤ワイン、もう片手に白ワインを持ち、
「何飲む〜?赤〜?白〜?ロゼ〜??」と、赤白同時に注ごうとしたりする、ネタ。。。
いかん!ロゼの評価がますます下がる。

そんなロゼだけれども。
お花見にその色調はぴったりではないかと。
桜にロゼ。気持が浮き立つ。

少し前、出産内祝いにピンクのモエエシャンドンをいただいた。
女の子を出産した子からだったのだけれど、
彼女の嬉しい気持が素直に伝わる、素敵な1本だと思った。

私自身はピンクという色は殆ど身に付けない。
下着でもあまり持っていない。色調が大切なのだ。
少しオレンジがかったピンク、鮭のようなピンクは結構好きだけれど、
ロードクロサイトというジュエリーをごく稀につけるくらい。

桜は特別なのだ。
桜の色も。
桜を愛でながら桜色の酒を飲む。
いいなあ。





日々のこと。 |

春の記憶。



外の空気に春のにおいがしてから、もう随分経つ。
それでも雪が降ったり路面を凍らせたり
また融けては凍り。。。
行きつ戻りつしながら、なかなか雪が無くならないのは毎年のことで。

雪に閉ざされた真っ白な季節は、それはそれはきれいで大好きだ。
それでも白から緑に背景が変わるのは、心が浮き立つ。
雪の積もった枝に小さく芽吹く春を見つけただけでも、涙が出そうになる。

希望に満ちた美しい季節に、もう戻れない所へ行ってしまった人を思い出して。





日々のこと。 |

人間失格

身近な人には言えない。
かといって、自分ひとりの胸にしまっておくにはきつすぎる。。。
日記に書くなら許されそうだ。

長い話ではない。
かなりシンプルな話だ。

いつものように仕事に行き、日付が変わってから帰宅。
シャワーを浴びている時に、自分の体の異変に気付く。
感触だけだけれど、
。。。こ、肛門から、何かが出ている。ヒモのようなもの。。。
タンポン?ツルツルにしてから、抜き忘れたことはない。
しかも肛門だし。
引っ張っていいのか?
なにか臓器がにゅるにゅるっと出てくるのではないのか?

混乱し、半分泣きそうになりながら、意を決して「ヒモ」を引っ張る。。。
7センチくらいの緑色のものが出て来た。
臓器のようなものはついていない。



。。。ニラ?



前日お鍋にニラを投入した。このくらいの長さに切って。
。。。もう1本出て来た。

臓器出て来なくてよかった。
しかし、切らずに投入していたら、もっと悲劇的な(面白い?)ことになっていたのかも。

そう言えば仕事に行く前、なにか肛門に違和感があった。
でもそんな事は追求せずにそのまま出かけてしまった。
すなわち、肛門からニラ二本出して働いていたということだ。
。。。人間失格だ。

その一方で、1本切らずに投入したら。。。
の妄想に取り憑かれつつあるイケナイ自分。






日々のこと。 | コメント:12 | トラックバック:0 |

坂を登る。



石畳の坂を登る。
登り切った山の麓にパン屋がある。

登り始めてしばらく経つと、
途中、町中のエンジン音などの喧噪がふっと突然消えるポイントがある。
そこからは、鳥の声や木々のざわめきなどがきれいに聞こえて、
ipodなどはむしろ邪魔になる。

春先だったら雪解け水がさらさら流れる音。
自分の耳と全身が喜ぶのがわかる。

パン屋に着くと、2人の女性が笑いながらパンにクープを入れていたりする。
無音の店内に、外から鳥の声が聞こえて来る。
「あ!ウグイス!」
今度は3人で笑って、私はパンを抱えて坂を降りる。




日々のこと。 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。